ほうれい線が改善するだけ

一生美しくいたい女性にとってたるみやシワの悩みなど、肌の悩みはいつまでも尽きません。

特によくある悩みといえばほうれい線です。



見た目に老けた感じを与えてしまうほうれい線。



なんとか治したいと考えている人は多いはずです。
その原因は筋肉のたるみにあります。

筋肉の衰えた部分はたるんでいるものです。

体でもそうですが、腹筋を鍛えていないとたるんでしまいます。

普段からしっかり鍛えている人のお腹は若々しくキリッと引き締まっていてとてもかっこいいです。


これを同じことが顔の筋肉にも言えます。顔のたるみは日常生活から来てしまうたるみなのです。



まず、表情が乏しいということです。あまり笑っていない人は広角が下がっています。



顔の筋肉も凝り固まっているのです。

ほうれい線のあるなしにかぎらず喜怒哀楽の激しい人はそれだけで魅力的でもありますし、表情を豊かにするのは人間的に魅力を上げることにも繋がります。


次に、食生活で噛む歯が偏っていると言うパターンです。


例えば右の歯ばかりで噛んでいる人は左の顔がたるんできてしまうのです。


食事の際はしっかりと両側で噛むことが大切です。

またよく噛む事で唾液も増え、若返り因子なども活発になるようです。

原因を色々と書きましたが、まず気軽に出来る事は顔の筋肉を鍛えることです。喜怒哀楽を激しくするというのは急には無理ですが少しずつ慣れていきましょう。


ほうれい線が改善するだけでなく人間として魅力的な人になれること請け合いです。中からも外からも美しくなってイキイキとした人生を送りたいものです。



顔にシワができると、一気に見た目年齢は上がってしまいます。
特に深く、大きなシワとなるケースが多い「ほうれい線」は、アンチエイジングにとっては大敵です。

深いシワができる原因には色々な種類がありますが、ほうれい線の場合、姿勢が悪い事でも起こりやすいと言われています。
姿勢とシワ、一見して関係性が無いように思われるこの2つですが、実は大きく関わっているのです。


パソコンやスマートフォンを見る時、あごが突き出て前かがみになってしまいがちです。


前かがみの作業が多いと、首や肩、頭皮の血行が悪くなってしまいます。
これらの部分の血流が悪いという事は当然、顔も血行不良の状態です。



血液の流れが滞ってしまうと、肌細胞に十分な栄養素や酸素が行き渡りません。



ですので、コラーゲンなど肌のハリや弾力を保つ成分の生成が減少し、たるみが生じてしまいます。

頬にたるみができれば、自然とほうれい線も濃く刻まれてしまうのです。


姿勢の悪い状態は、顔のたるみが出やすくなってしまうので注意が必要です。

また、姿勢が悪く頭皮が硬くなってしまうと、肌の弾力性は失われてしまいます。


人間の皮膚は1枚に繋がっているので、頭皮が硬くなってしまえば、顔の皮膚も弾力性は減少します。

このように、姿勢が悪いだけで濃いほうれい線が、できやすい状態を作り出してしまいます。



パソコンやスマートフォンを使う際は、できるだけ前かがみにならないよう、姿勢を正して行う事が肌の老化防止に効果的です。


関連リンク

ほうれい線の原因となる日常の行動

ほうれい線があると、見た目年齢が5歳はプラスされてしまいます。ほうれい線の原因は、頬のたるみによるものが多く、加齢と共に鼻の横に刻まれるラインが気になり始めます。...

more

ほうれい線は見た目年齢を一気に老けさせる

口のまわりに出来るほうれい線は見た目年齢を一気に老けさせてしまう恐ろしい存在です。ほうれい線が出来る原因として最も多いのは加齢現象です。...

more